金具の交換をする

金具を修理してもらえば、私達はモノを大事にしているんだという実感をより持つことが出来るでしょう。金具の壊れ方によって、修理に必要な方法にも違いがあります。

多くのバッグでは金具はメッキ塗装がされていて、しばらく使っているとこのメッキが剥げて色が落ちてしまう場合があります。そのようなケースは、実際に形の破損がある訳ではありません。そのときメッキの貼り直しによる修理というのも方法のひとつとして考えることが出来ます。メッキ貼り直しで修理を行う場合は、金具自体に変更はありませんので、以前とほとんど見た目も変わらない出来にすることが出来ます。

ただし、そのような工程を行うことが出来る修理業者がそれほど多いということではありませんので、ほとんどの業者の場合メッキが剥がれていたとしても交換という作業をしてしまうかもしれません。

そしてメッキの剥がれではなく、より大きな破損がある場合、やむなく金具交換という作業が行われることになります。その時、原状回復は難しいのかもしれませんが、リメイクも兼ねて全く違うデザインの金具を選択してみてはいかがでしょうか。大事なバッグにもそして靴にもそのような向きあい方をしていただきたいですね。それだけで街へ出掛けて行くのも楽しい気分になることが出来るのかもしれません。